ボーカルマニア

スキャットの教則本ってありますか?【ジャズシンガー、アドリブ、インプロ】

ジャズスキャット(ジャズシンガーのアドリブ、インプロ)の教則本ってありますか?

  • ジャズシンガーがスキャットを練習する時に使える教則本を知りたい。
  • ジャズボーカルを始めたので、スキャットをやってみたい。
  • アドリブって難しそうだけれど、私にもできるかな。
  • 何か1冊参考になるジャズボーカル、特にスキャットやアドリブに関する本が欲しい。

今日はこんな方に向けた記事です。

mariko
mariko
ジャズに欠かせないのがアドリブですよね。1冊よい教則本を持っているといいですよ。

スキャットってなんですか?

ここで、以前の記事の復習です。

ジャズの演奏の中で、ジャズシンガーがアドリブを取ることをスキャット(Scat)をすると言います。

アドリブとは即興演奏のこと。ジャズボーカリストは、「スキャットシラブル」と呼ばれる独特の言葉を使いながら、即興でメロディを奏でます。(場合によっては、事前に決められた内容を歌うこともありますが、基本的にはその場で考えたメロディーラインやリズミックアイデアを演奏します。)

おすすめのスキャット教則本はこちら。

ある程度、数曲ジャズのスタンダードが歌えるようになったら、初心者でもぜひスキャットにもチャレンジしてもらいたいなーと思います。

ただ、やはり闇雲に歌っていてもなかなか上達しませんし、演奏にも自信が持てません。そのため、まずは1冊教則本を手に入れて、その中のエクササイズなどにじっくり取り組むと良いと思います。

ジャズシンガー向けのスキャットやアドリブに関するおすすめの本は3冊。

具体的にそれぞれの教則本の特徴をお話ししましょう。

教則本以外にも、初心者ジャズシンガー向け、オンラインスキャット講座を、今なら受講可能です。

オンデマンドオンライン講座プラットフォーム最大手、Udemyにて自分のペースで練習することが可能です。

「ジャズボーカル初心者のためのスキャット&アドリブ講座」

SCAT! by Bob Stoloff

バークリー音楽大学の教授のBob Stoloffが監修したまさにスキャットの要素を凝縮したような本です。(中身はすべて英語です。)

Scat! Vocal Improvisation Techniques SCAT VOCAL IMPROVISATION TECHN (Vocal) [ Bob Stoloff ]

スキャットシラブルのバリエーションを練習するところからスタートし、スケールや典型的なコード進行に合わせたモチーフの練習、有名な曲のコード進行に合わせたスキャットサンプル、その他、ボイスパーカッションやスウィングやボサノヴァのリズムに合ったフレージングのエクササイズなど多岐にわたる内容で、かなりのボリュームです。

mariko
mariko
全くスキャットをやったことのない方でも順を追ってレベルアップできるような内容になっています。CDも付いていて、その内容もとても高度です。

Vocal Improvisation by Michele Weir

先ほどのBob Stoloffの教則本は英語になるため、英語が苦手な方には少しハードルが高い部分もあるかもしれません。

こちらの本は日本語にも翻訳されており、よりわかりやすく解説を読むことができます。ブルースのアドリブからスタートし、たくさんのエクササイズが載っています。エクササイズのバリエーションもかなり豊富なので、ボキャブラリーを増やしたい方におすすめです。

CDも付いていて、自習をするのにもおすすめです。

楽譜 改訂版 ヴォーカル・インプロ 3版[本/雑誌] (スキャットで歌う) / MicheleWeir/著

mariko
mariko
CDにはNew York VoicesのDarmon Mederも参加しており、クオリティも高いです。

Jazz conception by Amy London

スキャットの基礎から学んでいくというよりは、習うより慣れよ、実際の曲のコード進行に則って書かれたサンプルのスキャットメロディが21曲収録されており、実際の曲の中でどのようなフレージングをしていくのかを学べます。

[楽譜] ジャズ・コンセプション スキャット・ヴォーカル 2CD付(ジャズコンセプションスキャットウ゛ォーカル)

シンプルなものから、最後の方はかなり複雑な内容になっているので、かなり練習も必要ですが、耳の力をつけるためにもよい教材だと思います。

mariko
mariko
Autumn leaves、Satin doll、Blues、Song for my fatherなどのコード進行に沿ったアドリブをそのまま練習できるため、ライブなどでもそのまま活用できます。

スキャットの練習で特に必要なものは、「音を聞き取る力」です。

mariko
mariko
自由に演奏するためには、そもそも、身体の中にボキャブラリーがちゃんとないと自由になんか演奏できません!

トランスクライブは、とにかく細部まで聴き取って、全てを再現するように心がけて!

トランスクライブで重要なのは、音程やリズムはもちろん、息遣い、声のニュアンス、とにかく細部まで、すべて聞き取って再現することが重要です。なんとなくでは意味がありません!100%完璧に聞き取るつもりで頑張ってみてください。

テンポを極限まで落として、ゆっくり何度も聴き、まずは1小節コピー。それができたら、次はいまの1小節+次の1小節を覚える・・という感じで、何度も何度も繰り返して練習します。

初心者ジャズシンガーこそ、1冊よい教則本をゲットして練習を進めましょう。

いかがでしたか?

スキャットの練習に取り組むことで、演奏の際によいことが色々ありますよ。ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいね。新しい世界がひろがります。

mariko
mariko
難しそうだからと尻込みしないで、ぜひチャレンジして欲しいなと思います。

専門家と一緒に練習すると、ジャズボーカルをより楽しく、より正確に、より速く学べます。

mariko
mariko
なかなか自分1人では歌いこなせない曲も、ボーカルの先生と一緒なら結構すぐに出来ちゃったりします。

1対1のリアルタイム受講がご希望の方は、粟田麻利子の個人レッスンがおすすめ。

私のレッスンをご希望の方は、ぜひ下記のリンクからお気軽にお問い合わせくださいね。一度お試しでレッスンを受けてみたいという方もウェルカムです。対面レッスンもオンラインレッスンも両方可能です。

自分のペースで進める、オンデマンド方式のオンライン講座を希望の方はこちら。

初心者ジャズシンガー向け、オンラインスキャット講座を今ならお得に受講可能です。オンデマンド方式なので、動画をダウンロードして、何度も繰り返し勉強可能です。高音質のカラオケ音源もたくさん収録。

オンデマンドオンライン講座プラットフォーム最大手、Udemyにて自分のペースで練習することが可能です。

「ジャズボーカル初心者のためのスキャット&アドリブ講座」