ボーカルマニア

ボーカルレッスンやボイトレに関するよくあるご質問

ボーカルレッスンやボイトレに関するよくあるご質問

このページではボーカルレッスンやボイトレに関するよくあるご質問についてまとめてみました。ご参考になりましたら幸いです。

Q.英語が苦手なのですが、ジャズボーカルにチャレンジできるでしょうか?

英語が苦手な方でも、ジャズボーカルは問題なく楽しめると思います。(というか、楽しめるようなレッスンをしますので大丈夫です。笑)

私自身はある程度、英語がしゃべれる状態ですので、難しい発音も何度も練習してスムーズに発音できるように一緒に取り組めます。一緒に楽しみながら頑張っていきましょう。

mariko
mariko
必要に応じて、お作りする楽譜にカタカナでルビを振ることも可能です。英語に苦手意識のある方はサポートいたしますのでご心配なく。

発声練習のためには英語の曲をやった方がよいです。

英語は日本語に比べて舌を大きく動かすため、発声を整えるためにも英語の曲は取り組んだ方が良いです。

苦手意識のある方もおられますが、数ヶ月に1回は英語の曲も取り組みませんか?と言う形でご提案をしています。(どうしても嫌な方は、もちろん無理強いはしません。)

舌の動きと言うのはとても重要で、よい発声を身につけていくためには不可欠な要素です。

普段Jpopしか聴かないという方も新しい曲を覚えることで世界も広がりますし、スムーズな発声も同時に練習できると言うことで、私は英語の曲を取り組まれることをお勧めしています。

英語の曲に取り組むならジャズの曲はおすすめです。

またジャズの曲はいわゆるアメリカンポップの曲に比べて歌詞の量がずいぶん少ないです。そのため、思ったよりも簡単だったと言う感想をもたれる方も多いですよ。

まずは繰り返しの歌詞が多い曲や比較的シンプルなメロディの曲と言うのご提案していきますので、心配されなくても大丈夫です。

また、ジャズの曲は古くから歌い次がれている曲も多く、その時代の背景なども合わせて学んでいくことで、世界観も広がっていきますよ。一緒に楽しみましょう。

Q.楽譜が読めなくても大丈夫ですか?

レッスンをスタートする際に楽譜が読めなくても全く問題ありません。楽譜に苦手意識のある方も多いですが、続けているうちにだんだんと自然に読めるようになります。

mariko
mariko
ボイトレレッスンに通いはじめて少し経つと、自然な流れで「自分で楽譜を書いてみようかな」とチャレンジされる方結構多いです。

楽譜の理解が歌を上達させます。

楽譜が自分で読めたりかけたりすると、この作曲者はこんな意図でこの曲を書いたんだなと言うこともわかるようになります。

曲への理解も深まりますし、何よりセッションなどに行ったときに自信を持って周りのミュージシャンと演奏をすることができるようになりますね。

楽譜は共演者へのお手紙です。

私は楽譜をとても大切なものだと思っています。

なぜなら楽譜は他のミュージシャンと会話をするための言語のようなものです。

自分の意思を楽譜の中に込めてそれを手紙のようなつもりで共演者に渡すそしてその手紙の中から新たなストーリーが生まれてくる。そんなふうに考えると楽譜への想いも変わってくるかもしれません。

楽譜の書き方は、基礎から教えて欲しいと言う方はドレミの読み方から始めることも可能ですし、少し慣れている方はコードについてもお話ししたり、楽譜を移調させたり、楽譜ソフトの使い方をお話ししたりと様々なアプローチができると思います。

mariko
mariko
パソコンは強いのでお任せください。

いずれにしましても、楽譜はレッスンやセッションの経験を重ねていく中で自然に読めるようになっていきます。(といいますか、自然に読めるようにレッスンを組んでいます。)なのでご心配なく!

楽譜を代わりにお書きすることも可能です。

譜面&カラオケ作成、承ります。

Q.ジャズ・ボーカルの歌手なんて全然知らないんですが大丈夫でしょうか?

ジャズには100年程度の歴史があり、その中にはたくさんのレジェンドたちがいます。

トランペッター兼歌手のルイ・アームストロングは、ジャズボーカルの源流とも呼ばれており、スキャットに初めて取り組んだとも言われています。少し前のNHKの連続テレビ小説の中でも、彼が歌うWhat a wonderful worldが流れていましたね。

女性シンガーの中で同じような源流ともいえるシンガーはビリー・ホリデイです。彼女は黒人の権利についての活動などもしており、奇妙な果実はぜひいちど聞いてみてほしいです。

ルイ・アームストロングとビリー・ホリデイを踏まえた上で、その他の有名なジャズボーカリストご紹介しましょう。

3大女性ジャズシンガーとしては

  1. エラ・フィッツジェラルド
  2. サラ・ヴォーン
  3. カーメン・マクレエ

が挙げられます。初心者はまずこのあたりから聞いてみましょう。その他のおすすめ歌手も下記記事にまとめてあります。

男性ジャズシンガーとしては、

  1. フランク・シナトラ
  2. ナット・キング・コール
  3. メル・トーメ

このあたりが有名だと思います。

あとは私が最も好きなシンガーの1人、チェット・ベイカーもおすすめです。

その他、最近の若い旬なボーカリストもたくさんいますね。

スウィングのリズムは日本人には馴染みがないもの。

ジャズでよく演奏されるスウィングのリズムはもともと日本人にはなじみのないリズムスタイルです。そのため上記に挙げたようないわゆるレジェンドのシンガーたちの音源をできるだけ真似て、自分の中に取り込んでいくことで上達していきます。

mariko
mariko
レッスンの中ではお勧めの音源をたくさんご紹介していきますので、そういった音源を聴いてみるだけでも知識が増えていくと思います。

Q.リズム感がないんですが、ジャズを歌えますか?大丈夫でしょうか?

リズム感がないから、ジャズは難しいのではないか?というご質問もよく受けます。

結論から言うと、そういった方でも、問題なくジャズを楽しんでいただけると思います。

tだ、レッスンの中で一緒に軽く身体を動かしながら歌ったりしますので(身体を揺らす程度)、そういったことが極度に苦手だったり、極度に恥ずかしがりの方はあまり向かないかもしれません。(ちなみに歌は座ったままも歌うことができますので、足を怪我しておられる方などでも、心配なく取り組んでいただきます。)

リズムはジャズの命です。

mariko
mariko
リズムはジャズの命です。

そのため、ジャズらしいフレージングをしていくためには、身体全体でジャズのリズムを感じることが不可欠なのです。

とはいっても別に難しいことするわけではなく私の真似をしながら動いてみましょうと言う形でレッスンが進んでいきますのでまずはチャレンジしてみて欲しいなと思います。

一聴して難しそうだなぁと思ったものも、一緒に身体でリズムをとりながら歌ってみると、意外と簡単だったりするものです。

他のボーカルスクールと何か違う特徴がありますか?

あります。

レッスンや発表会というのは、もちろんそれぞれの先生の個性があるかとは思いますが、おそらくどこのスクールでも行っていると思います。

私のボーカルスクールはこれらに加えて大きな特徴があります。

それは年に1回、スクールの生徒さんのCDを作っていると言うことです。いわゆるコンピレーションアルバムみたいなものですね。

ご参加はご希望の方のみになりますので強制ではありませんが、ほとんどの生徒さんが参加されています。

mariko
mariko
完成すると、いわゆる市販のCDのようにきちんとラッピングされたものを渡しますので、1年間頑張った証になるようで嬉しいと大変好評です。

一度参加された方は、翌年もほぼ必ず参加されますね。

また人生の思い出に、と自分専用のアルバム制作を希望される方のサポートも行っています。今まで数人の方がチャレンジされましたが、皆さんお友達やご家族などいろんな方にCDを配られたりととても好評です。

mariko
mariko
形に残すって大事なことですよね。

CDを作るって結構大変なんです。

CDを制作するにはこんな手順が必要です。

  1. カラオケ音源の制作
  2. 歌の録音
  3. 音源のミックス
  4. ジャケットのデザイン制作
  5. 印刷会社への入稿 など

ざっと書いただけでも、様々な手順が必要です。

これを全てできるという人は、ほとんどいないでしょう。しかし私は、比較的IT系の作業が得意なことと、録音機材等も自前で持っていることから、外注せず全て自分1人で行うことができます。そのためかなり格安でスクールのCDも作ることができるのです。

大きな金銭的な負担がなく、毎年自分の思い出のCDができる、というのはとても良いと私は思っていますし、うちのスクールの大きな特徴です。

年々声が出にくくなっている気がします・・。

早く私のところに来てください。笑。というのは冗談ですが・・。

発声のメカニズムはとても複雑ですが、1つ言える事は筋肉の動きですので使わなければ当然衰えていきます。コロナ禍で他人と接する機会が減り、声が出にくくなった気がするとお問い合わせも増えました。

年齢にかかわらず、ボイストレーニングをしっかりと行うことで、声の老化を防ぐ事は可能です。しかし、一時的に行うだけでは意味がなく、継続的にトレーニングを続けることが大事です。またレッスンのその間だけトレーニングをしても意味がなく、簡単なトレーニングを日常生活の中に取り入れていくこともとても大事です。

私のレッスンの中では、日常生活の中で取り入れやすい簡単なエクササイズを多数お伝えしていきますので、お風呂に入っている時や家事をしている時など、ちょっとした休憩時間、こういった隙間の時間に取り組んでいただけると効果的です。

シンガーと言うと、華やかなイメージをもたれる方が多いかと思いますが、日ごろの練習は大変地味なものです。

mariko
mariko
地味な練習をコツコツと続けられる人が上達します。

いきなり難しいエクササイズなどはやりませんので、まずは基礎固めをしながら、日常生活の中にボイストレーニングを取り入れていきましょう。

忙しい方はオンラインボーカルレッスンもおすすめです。

忙しくてレッスンに出かける時間がないという方はオンラインレッスンを行っています。こちらからご確認くださいね。

Udemyにてオンデマンド式オンラインレッスンを開講中(買い切り)

オンデマンド方式(買い切り)のオンライン講座もUdemyにて開講しています。こちらも大変好評なのでぜひご検討くださいね。

ジャズ以外の歌も、ボーカルレッスンの中で歌っていいですか?

もちろんです。

私はジャズを専門的に勉強してきましたが、もちろんJ-Popやアメリカンポップ、その他様々な音楽も歌いますし聴きます。ジャズのCDだけでなく、童謡のCDも出していますし、ハワイアンミュージックのコンピレーションアルバムでも歌っていたりします。

mariko
mariko
ジャンルを問わず、様々な音楽に触れることが、歌の上達にもつながりますよ。また皆さんがご存じないようなジャンルの音楽もご提案することもできます。

先ほども書いた通り、英語は舌をなめらかに動かす練習にもなりますので、普段は日本語の曲をレッスンで取り上げている方も、時々は英語の曲にトライしてみませんか?といった形でご提案する場合もあります。

またJ-Popではあまり扱われない、Swingのリズムスタイルや、サンバ、ボサノヴァなどラテン系のリズムなど、リズム感を鍛えるためにもチャレンジしてみるのもよいですね。

また、長く歌い継がれているビートルズやカーペンターズ、マイケルジャクソンなどの名曲は、知っておいて損は無いので、そういったものもぜひ取り組まれると良いと思います。もちろん最近のヒットチューンもグッドです。

最近のJ-Popは私も知らない曲も多いので、生徒さんから教えていただくこともあります。新しい音楽に触れる事は楽しいですね!

歌のプロと一緒に練習すると、ジャズボーカルをより楽しく、より正確に、より速く学べます。

mariko
mariko
なかなか自分1人では歌いこなせない曲も、ボーカルの先生と一緒なら結構すぐに出来ちゃったりします。

1対1のリアルタイム受講がご希望の方は、粟田麻利子の個人レッスンがおすすめ。

私のレッスンをご希望の方は、ぜひ下記のリンクからお気軽にお問い合わせくださいね。一度お試しでレッスンを受けてみたいという方もウェルカムです。対面レッスンもオンラインレッスンも両方可能です。(以前ストーカー被害に遭い、大変怖い思いをしたため、現在の新規対面レッスンは、女性のみとなっています。)