ボーカルマニア

完璧なハーモニーが最高!おすすめジャズコーラスグループ10選

ハモるのって楽しいですよね。世界中にはたくさんの美しいハーモニーを聴かせてくれるジャズコーラスボーカルグループがあります。職人芸とも言える彼らの素晴らしい音楽をご紹介します。ハーモニーをたくさん聴くことで、あなた自身の耳も鍛えられていきますよ。

この記事はどんな人向け?

・どんなジャズボーカルコーラスグループがあるのかを知りたい。

・プロシンガーのおすすめグループを知りたい。

・ジャズコーラスグループを作りたい、歌いたい。

この記事でわかること

・世界中の素晴らしいジャズボーカルコーラスグループを知る

・自分の好みのボーカルグループを知る

・自分の好きな音楽のスタイルを知る

完璧なハーモニーが最高!おすすめジャズコーラスグループ10選

マンハッタントランスファー Manhattan Transfer

言わずと知れたジャズボーカルグループの王者とも言える、マンハッタントランスファーは、男女2人ずつの4人編成のジャズコーラスグループです。

ハーモニーも完璧で、幼い頃に聴いたFour brothersは今でも心に残っています。私が大学時代にアカペラにハマったのも、彼らの演奏を聴いたからに他なりません。残念ながらティムハウザーさんは亡くなってしまいましたが、彼らのハーモニーは永遠です。

ニューヨークボイセス New York Voices

マンハッタントランスファーと並んで、世界的に有名なジャズボーカルグループと言えば、New York voicesだと思います。

完璧なハーモニーとかっこいいアレンジが素晴らしいです。特にテナーのダーモンやバリトンのピーターがアレンジの多くを担当しています。

ダーモンのサックス演奏も素晴らしく、CDの中でも聴くことができます。楽器奏者なだけに、スキャットも素晴らしくGiant stepsのスキャットは超絶です。

実は彼らと私のつながりは結構深く、New York voicesがオハイオ州で毎年夏のボーカルキャンプをやっているんですが、その初めてのボーカルキャンプを開催するときに私は参加しました。当時はバークリー音楽大学の学生だったので、奨学金に応募したのですが、もともとはなかったNew York voices scholarshipという、新たな奨学金を私のために作ってくれました。(その後毎年この奨学金はあるようです。)

特にソプラノのKim Nazarianには個人的にもとてもお世話になっていて、留学中は彼らがボストンにツアーで来る時に個人レッスンを受けたり、私自身が彼女の自宅に泊まり込みで教えてもらったりしたこともあります。私、若い。笑

私がさいたま新都心ジャズボーカルコンテストで優勝できたのは間違いなく彼女と彼女の旦那さんのおかげだと思います。(Kimの旦那さんは音楽プロデューサーでトロンボーン奏者でもあります。)

ランバートヘンドリックス&ロス Lambert, Hendricks & Ross

デイヴ・ランバート、ジョン・ヘンドリックスおよびアニー・ロスの3人編成のボーカルグループです。ヴォーカリーズといって、楽器のアドリブに歌詞をつけて演奏する形式を特に得意としていて、素晴らしいハーモニーです。

正統派のジャズ曲をたくさんカバーしていて、スキャットの名手ジョンヘンドリックスとデイヴランバートのスキャットの掛け合いが超絶ですばらしいです。真似したくてもあまりにも超絶すぎて難しい神レベル。

特にこのエアジンはいつになったら終わるのーと言う位スキャットの応酬で、素晴らしいです。ぜひ聴いてください。

ザリアルグループ The real group

スウェーデン出身のアカペラジャズグループで、世界的にも最も有名なアカペラグループと言えると思います。日本にも何度か来日しており、私もコンサートを聴きに行きました。

私は大阪大学に通っていた頃、アカペラサークルに入っており(現在もアカペラグループとして頑張っている、インスピinspiは、大学時代の仲間で、メンバーの数人は同級生です。)当時、The real group(リアルグループ)は最もハマったボーカルグループの1つです。

スウェーデンに留学していた友人曰く、スウェーデンでは幼い頃から合唱をかなりしっかりとやるそうです。周りとの協調性や、音感を鍛えるといった様々な面から合唱はとても大切なファクターとして受け入れられていると言うことで、スウェーデンの中にはたくさんのボーカルグループがあると言うことも聞きました。

実際に数年前に来日したクラヤという女性ボーカルグループの演奏聴きに行ったことがありますが、とてもナチュラルで優しく素敵なサウンドだったことを覚えています。

リアルグループは、ここ数年でメンバーチェンジが大幅にあり、私がよく聞いていた頃のメンバーは1人しか残っていませんが、また来日した時は聞きに行きたいなと思います。

ちなみにクラヤも、フォーキーな感じで素敵です。

モス Moss

New York Voicesのメンバーのうち、Lauren KinhanとPeter Eldridgeのふたりと、Kate McGarryとTheo Bleckmannがコラボレーションしている4人組のボーカルグループです。

現在の活動状況などは検索しても出てこなかったのですが、彼らがリリースしているmossというアルバムが素晴らしいので聴いてみてください。ボーカルグループというと、きっちりハモって、正統派!みたいなグループが多いですが、彼らのMOSSはオリジナル曲などもやっていて、非常に癒されます。

CDはなかなか売っていないようなのですが、アマゾンミュージックで聴けますよ。

アマゾンミュージックのご入会はこちら

ザリッツ The Ritz

ポスト・マンハッタン・トランスファーのNo.1として注目を集めたボーカルジャズグループです。

ボストンで結成され、日本でもCDをコロンビアから出しています。Sharon Broadley、Melissa Hamilton、Daryl Bosteels 、Bob Stoloffの4人組。シャロンとボブはバークリー時代の先生で、ボブはスキャットのクラス、シャロンはボーカルジャズコーラスのライティングのクラスを受けていました。Perdidoとか素敵ですね。ぜひ聞いてみてください。

こちらのビデオでBob Stoloffのスキャットの本についても触れています。スキャットを身に付けたい方はぜひご覧くださいね。

ヴォックスワン Vox one

バークリー音楽大学で出会ったメンバーで結成されたアカペラグループ。メンバーのうちのアルト担当の松岡由美子さんは唯一の日本人メンバーで、現在もバークリー音楽大学で教鞭を取られています。ソプラノのジョディやテナーのポールもバークリーの先生です。

正統派のハーモニーを奏でるようなトラディショナルな曲から、ハービーハンコックのカメレオンをカバーしたり、声にディストーションをかけたりと、面白い試みもしています。

ティレリー  Tillery

グレッチェンパーラトやベッカスティーブンスという、今をときめくメンツを集めたボーカルグループです。

コルコバードなどもカバーしていますが、どちらかというとフォークとかの要素も強めなのかな?という感じです。サウンドはとてもナチュラルなので、リラックスできるような雰囲気です。ぜひCDもきいてみてください。

Andrews Sisters

いわゆる三人娘といった感じで、レトロな雰囲気でいいですね。正統派のコーラスだと思います。

他にもThe Boswell Sisters、Clark Sistersなども有名ですね。複雑なコーラスワークというよりは、聴きやすいコーラスなので、ジャズコーラスをやってみたい方はこのあたりからスタートするのもアリだと思います。

The Hi-Lo’s

Gene Puerling をリーダーに結成された男性四名からなるコーラスグループです。ハーモニーがとても美しいですね。

Gene Puerlingのコーラスワークはとても複雑ですが、男性コーラスをやってみたい方は、The Hi-Lo’sは1つの目標にもなるようなグループですね。その他には男性コーラスグループだとThe Four Freshmen などもあります。

世界中にはたくさんのジャズコーラスボーカルグループがまだまだあります。

いかがでしたか?ご存知のグループ、曲はありましたか?

初心者、ビギナーは、まず多くのグループの演奏、曲を聴くことが最も重要です。まずは難しいことを考えず、様々なグループの演奏を聴いてみましょう。その中からきっと好みのグループが見つかるはずです。

そして、自分でも歌ってみたいなーと思われたら、まずはソロで歌ってみることからでしたら、いますぐにでもスタートできますよ。

初心者に向いているジャズ曲とは?ジャズ初心者でも取り組みやすいおすすめ曲を具体的に挙げてお話ししています。

初心者に向いていないジャズ曲とは?有名な曲でも、初心者には取り組みにくい曲も実はあるんです。

ジャズボーカルの練習にはMariko AWADA YouTubeチャンネルへどうぞ。

そして、ぜひ私の YouTubeチャンネルにどうぞ。ほとんど毎日更新していますので、ぜひチャンネル登録をお願いしますね。

(現在、チャンネル登録者のほとんどが海外の方なので、英語表記が多いですが、レッスン動画などは、日本語字幕も入れてあります。)