レッスン規約

ボイストレーニング、ボーカルレッスン生徒募集(名古屋、春日井、オンライン)

レッスン規約 [上記リンクを先にご確認ください]

下記内容は入会後のお約束事項です。今後トラブルにならないために、少し細かい内容もあります。どうぞご一読ください。

(2022年6月1日、改訂)

(1)新規入会される場合は、入会金として5,000円(+消費税)を頂戴します。(1回だけの単発レッスンや体験レッスンの場合は必要ありません。正式に続けられることが決まりましたらお支払いください。)

 

(2)各月のレッスン回数は基本固定とし、月に1回コースの方は6,600円(6,000円+消費税)、 月に2回コースの方は11,000円(10,000円+消費税)を、各月の月初のレッスンの際に一括でお支払いいただきます。

(発表会前やレコーディング体験時などで回数が増えたり、体調不良や通院で回数変わったりという、個別のケースは、もちろん問題ありません。お気軽にご相談ください。)

 

(3)下記の場合は振替可能です。日程を調整しますので、お気軽にご相談ください。

  1. ご自身のお仕事
  2. ご自身の通院
  3. その他事前にご相談いただいたご用事で、講師が日程変更可 とした理由

 

(4)上記(3)理由による日程変更は、前々日まで可能です。それ以降のご連絡は、(3)の理由の場合でも、変更はお受けできません。

 

(5) 生徒さんの自己都合で、レッスンに来られない日は欠席となります。レッスン料もそのまま消化となります。自己都合での欠席に関する振替や返金は、一切致しません。

 

(6)レッスンスケジュールは、だいたい3ヶ月〜4ヶ月先までお伝えしています。それより先のスケジュールを知りたい場合は、個別でお尋ねください。他の予定とのご調整をお願いします。

対面レッスンは、基本的に固定の曜日の隔週になります。旅行に行きたいので・・などの理由での返金、日程変更などは応じられません。お尋ねいただければレッスンスケジュールをかなり先までご案内できますので、ご予定を入れられる前に、一度ご相談をお願いします。個々のご事情があるかとは思いますが、全てのご要望にお応えしているとキリがないため、ご了承ください。

 

(7)外部スタジオでのレッスンの場合(大曽根スタジオや出張レッスン)、スタジオ予約後、欠席の場合でもスタジオ代金はご負担いただきます。ご了承ください。(自宅レッスンの場合はスタジオ代はかかりません。)

 

(8)体調不良で日程変更する場合は、できるだけ振替できるよう、お互い調整しましょう。

スケジュールが長く空いてしまうと、今までやっていたことを忘れてしまうので、可能な限りキャンセルではなくスケジュール調整ができるとよいですね。(ケースにより振替が難しい場合は、キャンセルになる場合もあります。)

 

(9)休会をご希望の方で、自分の枠(時間帯)を復帰まで確保しておいてほしいという方は、休会費を頂戴することで枠(ご希望の曜日と時間帯)の確保が可能です。その場合は1ヶ月あたり2000円(+消費税)で承ります。

ただ、休会費については事前にご相談の上、こちらが頂く必要がないと判断した場合はこの限りではありません。(主にはご本人の入院などの場合が該当。)この場合は、同じ時間帯に他の方の新規レッスンが入ってしまう場合がありますが、ご了承ください。

 

(10)対面のレッスンの場合、退会のご連絡は、各月の20日までに講師にお申し出ください。それ以降のお申し出の場合、もしも一度もレッスンにおみえにならない場合でも、翌月のレッスン料を全額頂戴します。(体調不良や転勤などで退会される場合は、この限りではありません。)

毎月20日はスクールの締め日としての意味もあるのですが、突然の退会のお申し出の場合、次回のレッスンでお伝えしようと思っていたことなどが、中途半端な状態のままで終了となることも多く、心残りに感じることが多いです。

退会の理由などは明かされなくても結構ですし、引き止めたりも一切しませんので、安心してお申し出ください。できればきちんとした形で終わりたいので、できるだけ早くお申し出いただけるとありがたいです。

例)6月末で退会したい場合

6月20日までにご連絡をいただいた場合は6月分までの納付

6月21日以降にご連絡をいただいた場合は7月分までの納付

 

(11)レッスンでは、自分のキー(調)にあった楽譜を使って進めます。

楽譜は音楽を習得していくために不可欠であり、セッションやライブ等の実際の現場でもプレイヤーの共通言語です。自分にあったキーの楽譜を準備すること、そして楽譜自体を理解することがとても大切です。

自分にあったキーの楽譜がお手元にない場合は、準備が必要です。

準備方法としては、下記の通りです。相談しながら進めていきましょう。

  1. 講師が作成する
  2. ご自身で書く(ご希望者はレッスンの中でレクチャー可能です)
  3. 市販のもので自分のキーにあった楽譜を探す(自分のキーにあったものを探すのは、なかなか難しいと思います。)

 

(12)講師が楽譜をお作りする場合、所定の料金をいただきます。(入会後ご案内いたします。)曲の長さによってお値段が変わります。

生徒さんご自身がご準備される場合は、もちろん楽譜代金はかかりません。

 

(13)講師が作成した楽譜は、セッション等でお使いいただいて結構ですが、他人にコピーを渡したりすることは、ご遠慮ください。

音楽家にとって、楽譜は大切なアイテムです。使用後はコピーを必ず回収したり、管理をお願いします。