Bio

ジャズシンガー粟田麻利子

岐阜県可児市出身。3歳よりクラシックピアノを始めるが、なかなか興味が持てず、クラシックの発表会でひとりだけジャズスタンダード曲を弾く。 当時は自分が絶対音感だということにも全く気づかず幼少期を過ごす。 大阪大学文学部を卒業後、会社員を経て、2007年秋より奨学金を得て、バークリー音楽大学へ留学。アメリカではKim Nazarian(New York Voices), Anne Peckham, Hal Crookらに師事。在学中、New York Voices Vocal Summer Campにて、そのバランスの取れた音楽能力に対し、New York Voices Scholarshipを受賞。 2009年冬、同大学のProfessional Music Majorを首席で卒業し、2010年5月帰国。帰国後「第11回神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト」にて入賞、その後「第5回さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト」にて グランプリを受賞。オリジナル曲も多岐に渡り、「第3回さくら芸術文化応援団」コンテストにて、歌詞部門で優秀賞を受賞。

2012年1月にデビューアルバム”Marguerite”をリリース。その後早くも、3月にセカンドアルバム”My Lovely Way”をリリース。2017年に待望のサードアルバム”That’s My Way”をリリース。作曲家の山本翔太との童謡・唱歌ジャズプロジェクト「さとのうた」では毎月新作をYoutubeチャンネルにて更新し、好評を博し600万回以上の再生数を誇る。https://www.youtube.com/satonouta その他にも童謡やフラの名曲をジャズアレンジしたCDをプロデュースするなどその音楽性はジャズのみに留まらない。2014年にはリトアニアにて開催されたJazz Vocal Contestにファイナリストのひとりに選出。現地ミュージシャンとの演奏を果たす。2017年4月に名古屋芸術大学 音楽領域非常勤講師に就任し、後進の指導にも当たっている。