ボーカルマニア

ジャズスタンダード曲は難しそうに聴こえて実はとってもシンプルです!【AABAとは?】

ジャズって難しそう。初心者でも大丈夫ですか?

ジャズってかっこいいけれど、なんかだ難しそう。と感じられる方も多いと思います。

でもちょっとしたルールを知れば、ジャズへのハードルがぐっと下がりますよ。

この記事を読むとこんなことが分かる

(全体を4分程度で読めます♪)

・ジャズスタンダード曲は実はとってもシンプルだということを理解できる。

・ジャズって難しそうという気持ちが消える!

・ジャズスタンダード曲の構成がわかる。

ジャズスタンダード曲は、実は他ジャンルの曲よりもシンプルで分かりやすい構成です。

ジャズの曲(一般的にジャズでよく演奏される曲のことを「ジャズスタンダード」や「ジャズスタンダードナンバー(ジャズスタンダード曲)」と呼ばれます)の多くは32小節の単位で進行していきます。

場合によってはその場合の64小節が1つの単位と言う場合や、少し変則の曲もありますが、多くの場合は32小節が1つの単位になります。

そのため例えば、歌詞が1番しかないものであれば、32小節分だけ覚えればいいだけなのです。なんて短いの!J-popだったら、3番くらいまで歌詞がある曲も多いですが、ジャズボーカルの曲は1番しか歌詞がない曲も実は多いのです。

・ジャズでよく演奏される曲のことを「ジャズスタンダード」や「ジャズスタンダードナンバー(ジャズスタンダード曲)」と呼びます。

・ジャズの曲の多くは、32小節の単位で1周します。

・1番しか歌詞がない場合は、32小節分の歌詞を覚えれば、とりあえず1曲全部歌えます!手軽にチャレンジ!

(歌詞やメロディの繰り返しが多い曲なら、更に覚えやすいです。英語が苦手な人でもOK。)

ジャズスタンダード曲の基本は、32小節単位で進んでいきます。

ジャズ曲は、基本は32小節単位で進行していきます。その32小節にもルールがあります。

ジャズ曲の基本、32小節はさらに4つのセクションに分けられます。つまり32小節は8小節のセクション×4つ、ということになります。

この8小節単位の組み合わせは、代表的なものがいくつかあります。

ジャズ曲の基本の32小節は、さらに4つのセクションに分けられます。

つまり・・  32小節 = 8小節のセクション×4つ

この8小節単位の組み合わせは、代表的なものがいくつかあります。

AABAとは?曲の形式を表現する方法。

AABAとは、曲の形式を表現する方法です。たとえば、32小節の曲で考えた時にメロディやコード進行がこのようになっている構成のことを言います。

セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションB 8小節(ここだけ少し違う!)
セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)

たとえば’S wonderfulというGeorge Gershwinの曲はこのAABA形式になります。

実際に楽譜を見てみると、水色の部分はメロディもコード進行も似ていて(A)、ピンク色の部分だけ異なります(B)。

AABA形式の曲はたくさんありますが、少し聴いてみましょう。

On the sunny side of the street

AABAの構成曲の例 The girl from Ipanema

AABA以外の形式。ABACの構成もあります。

AABAとは少し違う曲の構成もあります。ABACの構成とは、たとえば、32小節の曲で考えた時にメロディやコード進行がこのようになっている構成のことを言います。

セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションB 8小節(メロディやコード進行が違う、展開中)
セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションC 8小節(メロディやコード進行が違う、曲の最後)

ABACの構成曲の例 Tea for two

ABACの構成曲の例 As time goes by

実はジャズの曲はTV、映画、CMでよく使われている。

ジャズの曲って、実はテレビ番組、コマーシャル、映画などに本当によく使われています。なので曲名はしらなくても、え?これってジャズの曲なの?とか、聴いたことある!という曲がとても多いです。

たとえばこれなんかは、「茶色の小瓶」の替え歌ですね。茶色の小瓶はPD(パブリックドメイン=著作権切れ)の曲のため、こうやって歌詞を変えても大丈夫です♪

こちらもLover’s Concertoの替え歌ですね。このバージョンは3拍子にアレンジされています。こうやってジャズの曲はその場に合わせてアレンジ(編曲することも自由自在です。)

ジャズの曲は、ミュージカル由来の曲も多いです。

現在ジャズで演奏されている曲の中で、もともとはミュージカルのために書かれた曲もたくさんあります。曲の由来を知ると、その曲が書かれた背景なども理解でき、曲への愛着も湧きますよね。

例えば、ジョージガーシュイン(George Gershwin)やコールポーター(Cole Poter)などの作品は元々ミュージカルの中で演奏される曲として書かれたものです。

ジョージガーシュイン(George Gershwin)の作品 Summertime

元々はPorgy and Bessというオペラの中のアリアとして作曲されました。オペラの中で演奏されている様子はこちら。(ポーギーアンドベスの中では場面を変えて3回歌われます。)

これをジャズアーティストが演奏するとこんな感じに変わってしまいます。全然違いますよね!これは私も大好きなChet baker(チェットベイカー)のテイクです。彼はトランペッターでありシンガーでもあります。歌い方が非常に力が抜けていて、ソフトなテイストなのが私は大好きで、最も好きなシンガーのひとりです。