Jazz

プロシンガーが教える初心者にオススメできるジャズボーカル曲4選+α!

この記事を読むとこんなことが分かる

(全体を10分程度で読めます♪参考音源もぜひ聴いてみてください♪)

・ジャズスタンダード曲の選曲方法

・ジャズスタンダード曲の形式

・初心者にオススメのジャズスタンダード曲

ジャズボーカルって難しそうに聴こえます。でもジャズってかっこいい!おしゃれ!

普段テレビなどでよく流れているJ-Popとはやはり違い、ジャズはまず英語の歌詞というだけで、初っ端から少しハードルが高いかもしれません。ジャズボーカル特有のリズムもなんだか難しそう。でもジャズってかっこいい!おしゃれ!

ルールを知ってしまえば、意外とジャズって難しくない!

ぱっと聴きは難しそうに聞こえるかもしれません。でも、いくつかのルールさえ知ってしまえばジャズ、ジャズボーカルって、意外と難しくないんです。なぜなら・・・

1)他のジャンルの曲よりも、圧倒的に曲自体が短い曲が多いから。

2)それに伴い、歌詞の量も少ない曲が多いから。

2)曲の構成がシンプルで、メロディラインもシンプルなものが多いから。

3)聴いてみると、実はTVやCMなどで聴いたことのある場合が多いから。

初心者のみなさん、え?ジャズボーカルチャレンジできるかも?と思いましたか?

では、各項目を深掘りしていきましょう。

ジャズスタンダード曲は他ジャンルの曲よりも、短い曲が多い。

ジャズの曲(一般的にジャズでよく演奏される曲のことを「ジャズスタンダード」や「ジャズスタンダードナンバー(ジャズスタンダード曲)」と呼ばれます)の多くは32小節の単位で進行していきます。

場合によってはその場合の64小節が1つの単位と言う場合や、少し変則の曲もありますが、多くの場合は32小節が1つの単位になります。

そのため例えば、歌詞が1番しかないものであれば、32小節分だけ覚えればいいだけなのです。なんて短いの!J-popだったら、3番くらいまで歌詞がある曲も多いですが、ジャズボーカルの曲は1番しか歌詞がない曲も実は多いのです。

・ジャズでよく演奏される曲のことを「ジャズスタンダード」や「ジャズスタンダードナンバー(ジャズスタンダード曲)」と呼びます。

・ジャズの曲の多くは、32小節の単位で1周します。

・1番しか歌詞がない場合は、32小節分の歌詞を覚えれば、とりあえず1曲全部歌えます!手軽にチャレンジ!

(歌詞やメロディの繰り返しが多い曲なら、更に覚えやすいです。英語が苦手な人でもOK。)

ジャズスタンダード曲は他のジャンルの曲より、構成がシンプル。

ジャズ曲は、基本は32小節単位で進行していきます。その32小節にもルールがあります。

ジャズ曲の基本、32小節はさらに4つのセクションに分けられます。つまり32小節は8小節のセクション×4つ、ということになります。

この8小節単位の組み合わせは、代表的なものがいくつかあります。

ジャズ曲の基本の32小節は、さらに4つのセクションに分けられます。

つまり・・  32小節 = 8小節のセクション×4つ

この8小節単位の組み合わせは、代表的なものがいくつかあります。

AABAとは?曲の形式を表現する方法。

AABAとは、曲の形式を表現する方法です。たとえば、32小節の曲で考えた時にメロディやコード進行がこのようになっている構成のことを言います。

セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションB 8小節(ここだけ少し違う!)
セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)

たとえば’S wonderfulというGeorge Gershwinの曲はこのAABA形式になります。

実際に楽譜を見てみると、水色の部分はメロディもコード進行も似ていて(A)、ピンク色の部分だけ異なります(B)。

AABA形式の曲はたくさんありますが、少し聴いてみましょう。

On the sunny side of the street

AABAの構成曲の例 The girl from Ipanema

AABA以外の形式。ABACの構成もあります。

AABAとは少し違う曲の構成もあります。ABACの構成とは、たとえば、32小節の曲で考えた時にメロディやコード進行がこのようになっている構成のことを言います。

セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションB 8小節(メロディやコード進行が違う、展開中)
セクションA 8小節(メロディやコード進行が似ている)
セクションC 8小節(メロディやコード進行が違う、曲の最後)

ABACの構成曲の例 Tea for two

ABACの構成曲の例 As time goes by

実はジャズの曲はTV、映画、CMでよく使われている。

ジャズの曲って、実はテレビ番組、コマーシャル、映画などに本当によく使われています。なので曲名はしらなくても、え?これってジャズの曲なの?とか、聴いたことある!という曲がとても多いです。

たとえばこれなんかは、「茶色の小瓶」の替え歌ですね。茶色の小瓶はPD(パブリックドメイン=著作権切れ)の曲のため、こうやって歌詞を変えても大丈夫です♪

こちらもLover’s Concertoの替え歌ですね。このバージョンは3拍子にアレンジされています。こうやってジャズの曲はその場に合わせてアレンジ(編曲することも自由自在です。)

ジャズの曲は、ミュージカル由来の曲も多いです。

現在ジャズで演奏されている曲の中で、もともとはミュージカルのために書かれた曲もたくさんあります。曲の由来を知ると、その曲が書かれた背景なども理解でき、曲への愛着も湧きますよね。

例えば、ジョージガーシュイン(George Gershwin)やコールポーター(Cole Poter)などの作品は元々ミュージカルの中で演奏される曲として書かれたものです。

ジョージガーシュイン(George Gershwin)の作品 Summertime

元々はPorgy and Bessというオペラの中のアリアとして作曲されました。オペラの中で演奏されている様子はこちら。(ポーギーアンドベスの中では場面を変えて3回歌われます。)

これをジャズアーティストが演奏するとこんな感じに変わってしまいます。全然違いますよね!これは私も大好きなChet baker(チェットベイカー)のテイクです。彼はトランペッターでありシンガーでもあります。歌い方が非常に力が抜けていて、ソフトなテイストなのが私は大好きで、最も好きなシンガーのひとりです。

ということで、前置きが長くなりましたが、上記の観点を踏まえて、今日は初心者でも取り組みやすいジャズボーカル曲を4曲(+おまけ1曲)を取り上げてみたいと思います。

初心者にオススメのジャズボーカル曲、4選!

初心者にオススメのジャズボーカル曲

1. L-O-V-E

2. It don’t mean a thing

3. Fly me to the moon

4. Smile

L-O-V-E

L-O-V-EはNat King Coleのバージョンがとても有名です。

歌詞が非常にシンプルでCMなどでもよく流れているため、普段、意識的にジャズを聴かない方でもおそらく一度はどこかで聴かれたことのある曲

・明るい雰囲気で、リズムに乗りやすいメロディーライン

・日本人が苦手な、LやVの発音練習にもぴったり。

・曲の構成はABACの構成

Nat King Cole以外にも、Gleeのキャストが歌っているバージョンが好きと言われる生徒さんも多いです。

It don’t mean a thing

邦題だと、「スイングしなけりゃ、意味ないね」ですが、この曲も初心者には取り組みやすい要素がたくさん入っています。

ディズニーでも演奏されているので、聴かれたことのある方も多いのでは?

JUJUさんもカバーしているので、こういうCDから入ると、少しハードルが下がるかもしれませんね。

歌詞が非常にシンプルでディズニーなどでも使われているため、普段、意識的にジャズを聴かない方でもおそらく一度はどこかで聴かれたことのある曲

クールな雰囲気(かっこいい系)、リズムに乗りやすいメロディーライン。

・歌詞の量がとても少ない。

JUJUさんもカバーしているため、とっつきやすい。

・曲の構成はAABAの構成

Fly me to the moon

エヴァンゲリオンの映画や、宇多田ヒカルさんにもカバーされたりと、比較的若い方にも馴染みのある曲かなと思います。

いろいろなアーティストの音源を聴いてみると、それぞれにスタイルが全く違うということに気づくと思います。

各アーティストによってスタイルが全く異なります。たとえば・・

Frank Sinatra:Swing

Diana Krall:Swing

Astrid Gilbert:Bossa Nova

Sarah Vaughan:Straight Ballad

宇多田ヒカル:Shuffle 16beats

 

などなど、それぞれスタイルが全く異なります。

たくさんのバージョンを聴いて、まずは自分が1番素敵だと思うバージョンを真似されるのが良いと思います。

エヴァンゲリオンの映画などにも使われていて幅広い年齢層に知名度のある曲

宇多田ヒカルさんもカバーしているため、とっつきやすい。

定番のSwingのリズムだけでなく、Bossa NovaFunkなど、アレンジも可能なため、個性を出しやすい

・FlyのLの発音や、Starの発音の練習に最適!

・曲の構成はABACの構成

Smile

この曲も王道のスタンダードです。喜劇王のチャップリンの作品ですね。歌詞も比較的シンプルですし、歌詞の意味合いも非常に味わい深く、レッスンでもとても人気の曲です。こちらもNat King Coleのトラックがとても有名です。

SmileもFly me to the moon同様、各アーティストによってスタイルが全く異なります。たとえば・・・・

Nat King Cole:Slow Swing

Ann Sally:Bossa Nova

Tony Bennett:Straight Ballad

などなど、それぞれスタイルが全く異なります。

たくさんのバージョンを聴いて、まずは自分が1番素敵だと思うバージョンを真似されるのが良いと思います。

・CMやテレビ番組などでもよく使用されており、知名度も高い。

・歌詞の内容もとても素敵で、感情移入しやすく、ダイナミクス(強弱)の練習には最適!

・定番のSwingのリズムだけでなく、Bossa NovaやStraight Balladなど、アレンジも可能なため、個性を出しやすい。

・ThoughやThroughの発音など、THの発音練習に最適!

・曲の構成はABACの構成。

番外編 The Rose

Bette Middlerで非常に有名なThe Roseはジャズの曲ではありませんが、ジャズアーティストもたくさんカバーしている名曲です。

・CMやテレビ番組などでもよく使用されており、知名度も高い。

・歌詞の内容もとても素敵で、感情移入しやすく、ダイナミクス(強弱)の練習には最適!

・使う音域が狭く、初心者でも取り組みやすい。

・しっとりと歌い上げる曲は難易度が高い曲が多いが、比較的取り組みやすい。

・LOVEのVの発音や、FlowerのLの発音など、発音練習に最適!

・ポップス系の曲ではあるものの、ジャズのセッションなどに持って行っても問題なし。

この記事のまとめ

初心者向けジャズ曲の選び方。

1)歌詞の量が少ない曲。

2)メロディラインがシンプルな曲。

3)TVやCMなどで聴いたことのある曲。

こういったことを加味しながら選曲すれば難しくないです!

初心者向けオススメのジャズ曲、4選+α。

1)L-O-V-E

2)It don’t mean a thing

3)Fly me to the moon

4)Smile

番外編)The rose

Please follow and like us:
error