ボーカルマニア

【保存版】プロの歌手の風邪予防14選。この対策で長年風邪をひいていません!

この記事を読むとこんなことが分かる

(全体を5分程度で読めます♪)

・風邪をひかないようにするための事前対策方法

・ボーカリスト直伝、風邪予防のオススメグッズ

・それでも風邪をひいてしまった時はどうすればよいか?

だんだん気温が下がってきて、風邪をひいている人が増えてきましたね。私のボーカルスクールでもレッスンをお休みされる方がちらほら出てきました。

私のボーカルスクールでは、風邪を引いた時は絶対にお休みをしてくださいとみなさんにお伝えしています。それは色々理由があるのですが・・・

風邪をひいている時にボイストレーニングをしても意味がありません!

まず第一に普段の声の環境と全く違う環境でボイストレーニングをしても意味がないと言う事です。風邪をひいているときはなど周辺の腫れもありますし、何より声がガラガラの時に負荷をかけると言う事は、傷口に塩を塗っているようなものです。まずは安静第一!

そして、せっかく予約したレッスンを休みたくないと言うお気持ちは分かるのですが、同じレッスン室を使う私を含め、他の生徒さんへの感染のリスクも高まります。他の方へ感染を広げないためにも、体調が悪い時はしっかりと休息をとりお休みをすることが大切です。ひとりが無理をすると、感染が拡大してしまいます!自分のことだけでなく、みんなのことを考えてね、お願いしますm(_ _)m

・風邪をひいているときに無理にボイストレーニングをしても全く意味がありません。ボイトレに来るなら、病院へ!

・同じレッスン室を使う私、他の生徒さんへの感染リスクが高まります。

・自分のことだけでなく、周りの人への気遣いを!

私はここ5年以上風邪を1度もひいていません。

日々いろんな形のボーカルレッスンをし、たくさんの方にお会いする生活をしていますが、私はここ5年以上風邪を1度もひいていません。

3年前から名古屋芸術大学の非常勤講師として、学生さんの指導もするようになりましたが、学生さんて、本当によく風邪をひくんですよね。苦笑

私はお引き受けをしてから一度も体調が理由でお休みはしていないのですが、学生は本当にレッスンをよく休む休む。仮病じゃないかと思うほど。まぁそれは別の話。まーいいでしょう。笑

私がずっと風邪をひいたり体調崩さないのにはたくさんの理由がありますが、今日はその秘密をお伝えしたいと思います。

おそらく皆さんがびっくりされるほど、プロは細かいケアをしているということに気づかれるとおもいます。まずは風邪の予防編と言うことで日ごろのケアについてです。

風邪をひかないために、万全の対策をしよう!予防編!

では具体的な対策方法を見ていきましょう。たくさんありますので、簡単に取り入れられるものからぜひ取り入れてみてくださいね♪

プロの歌手の風邪予防方法、グッズ13選

1. 手洗いうがい
2. マスク
3. 口閉じテープ
4. 鼻うがい
5. スロートコートティー
6. プロポリスキャンディ
7. マヌカハニー
8. 水分補給
9. お風呂に浸かる(手首足首を温める)
10. ネックウォーマー
11. 鍼治療
12. 睡眠
13. カイロ
14. 公共交通機関はできるだけ避ける

では、1つずつ確認していきましょう。

1. 手洗いうがいが第一!これは必須!

これは定番中の定番ですね。うちにはお医者さんもボイストレーニングの生徒さんとして、通ってくださっているのですが、彼も第一に言っていたのが「手洗いうがい」。これに勝る予防はないと。

日頃、色々なものを手で触れていますから、手はバイキンいっぱいです。そのままの状態で手づかみで食べ物を食べたりしたら、そのまんま身体の中にウィルスや菌が入ってしまいますね。私自身は手づかみで食べないように気をつけています。

おにぎりなど手づかみで食べる場合は、かならず手洗いしてから、もしくは除菌ウェットティッシュや除菌ジェルで手を清潔にしてから食べるようにしています。

うがいは外出から戻ったら、手洗いと一緒に行います。手洗いが先ね。汚い手でうがいしても意味がないので。笑

うがい薬は私はハチアズレといううがい薬を使っています。

イソジンなどでもよいかもしれませんが、アズレン系の方が私はオススメ。苦くないし。

・手洗いうがいが第一!

・手づかみで食べ物を食べない!(手はバイ菌だらけだよ〜)

うがいはアズレン系のうがい薬がオススメ!

2. 外出時、そして就寝時もマスクを着用

マスクを着用することによって、喉と鼻の乾燥をふせぐことができます。あとは他人からの飛沫感染を防ぐこともできますね。

マスクをしたからといって、ウィルスや菌の侵入を100%防ぐのは難しいですが、くしゃみなどの飛沫を直接受けることも防げますし、何より効果のあるのがこれ!

手で顔を触れる回数を減らせる!

どういうこと?と思われる方もおられるかもしれないですが、人って、無意識に顔を触っているんですよね。その回数、実はかなり多いんです。で、そこからの感染する、と。でもマスクをすると手で顔をさわれなくなるので、感染のリスクも自然に減らせます。

就寝中は私はこのガーゼのマスクを必ず着用しています。8枚重ねなので、乾燥感も感じずとてもよいです。なんどもリピしています♪

・マスクで喉と鼻の乾燥を防ぎましょう!

・完全にウィルスを遮断することはできなくても、飛沫感染を予防できます!

・マスクをすると顔を手で触れる回数を減らせて、感染を防げます!これかなり重要!!

・就寝時はガーゼマスクがオススメ!

3. 口閉じテープ(ネルネル)、鼻呼吸を意識

こちらも毎晩必ず使っています。

朝起きて喉が痛いという方、口をぽかーんと開けて寝ていませんか?口呼吸になってしまっているせいで喉が乾燥してウィルスが体内に・・。

口呼吸はバイキンが直接的に体内に入ってしまいますので、よくないです。発声の面からも深い呼吸を妨げるため、鼻呼吸に移行していけると良いです。就寝中に苦しくて剥がしてしまうようであれば、それは口呼吸の証拠。まずは起きている間に1時間口閉じテープを使ってみる程度からスタートさせ、だんだん鼻呼吸に慣れていきましょう。

私のオススメは圧倒的にネルネルですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便使用送料無料】口閉じテープ ネルネル×3 63回用
価格:1900円(税込、送料無料) (2019/11/18時点)

昔はこの商品しかなかったのですが、最近はもっと安いものも出ています。でもこちらの商品が一番粘着度も高いのに、肌も痛めなくていいかなーという感じです。色々試してみると良いと思いますよ。

・口呼吸から鼻呼吸に変えることで、喉を守れます!

・口閉じテープであれば「ネルネル」がオススメ。

・歌の上達のためにも鼻呼吸は有効です。

・私は口閉じテープをしたあと、さらにガーゼマスクをしています。

4. 鼻うがい

これも私にとっては必須アイテムです。お風呂に入る際に必ず使っています。他にもいくつかの製品を試しましたが、私はこちらのハナクリーンSが断然使いやすかったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハナクリーンS(1コ入(専用洗浄剤 サーレS〈10包入〉付))【ハナクリーン】
価格:2493円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)

楽天で購入

 

ハナクリーンSには鼻うがい用の顆粒がついていますが、私が普段使っているのはハチアズレという、うがい薬です。お医者さんでもらえます。

いわゆるアズレン系のうがい薬ですが、これ以外でも、メンソールが入っていないものであれば大丈夫だと思います。個人的にはアズレン系のうがい薬が使いやすいと思います。

ハナクリーンSにはきっちりと温度がわかるセンサーも付いているため、お湯が熱すぎるとか冷たくて鼻にツンとするとかと言うこともなく快適に使えます。しかもお風呂の中であれば濡れても全く問題ないですしね。

使い始めた当初は、私もうまくできるかドキドキしたことがありますが、「あー!」と声を出しながら、片方ずつ鼻うがいをしてみると上手くいくと思います。きっちりした器具を使わないと、中耳炎になったりすることもあるようなので気をつけてください。ハナクリーンSはそういう心配はないです。

鼻うがいは、物理的にウィルスなどを体外に排出するため、私は1日1回は必ずしないと気持ち悪いです。私のスクールに通ってくださっている方にもお勧めしていて、鼻うがいを取り入れてくださっている方は、その後、鼻の調子も良いと言うことを伺います。試したことのない方は、ぜひいちど試してみてくださいね。

・鼻うがいは物理的に鼻の中を洗浄するため、ウィルスを除去するのに有効!

・いくつか使った中でハナクリーンSがオススメ。

・ちゃんとした器具でないと中耳炎になる危険性もあるので気をつけましょう。

5. スロートコートティー(ハーブティー)

これは、私がアメリカ留学中からずっと愛用しているお茶です。他のメーカーからも出ていますが、私はTraditional Medicinal社のThroat coat teaが一番好きです。

お砂糖を入れていなくても自然の甘みでとっても甘くて、大きなポットに1つティーバッグを入れるだけでしっかりと成分が出ます。温かいお茶でのむととっても喉が落ち着きます。ライブ会場などにも持って行って、楽屋のお湯とかでお茶をつくって飲んだりもします。カフェインフリーなのでそういう意味でも安心です。

ティーバッグの中には、エキナセアという成分が入っていますが、それが長期間摂取し続けると耐性ができてしまって効果が薄れるので、本当に必要な時だけ頼るようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーガニック スロートコートティー 16ティーバッグ[ハーブティー/サプリンクス]
価格:720円(税込、送料別) (2019/11/19時点)

楽天で購入

 

・アメリカ留学時代からの粟田麻利子の愛用品!長年本当にお世話になっています。

・Throat Coatは、バークリー音楽大学の教授Anne Peckhamからも推薦されたお茶です。

・喉のコンディションを整えるためには有効なお茶。カフェインフリー。

・エキナセアは長期間摂取すると耐性ができてしまうので気をつけましょう。

6. プロポリス、プロポリスキャンディー(森川健康堂)

これもかなり昔からの愛用品。最近は普通のスーパーにもたくさんプロポリスの成分が入った飴が市販されていますが、私はこの森川健康堂のプロポリスキャンディーが1番効くなと思っています。

プロポリスの成分の配合量が他のキャンディーよりも多く、実際喉のコンディションが悪い時に舐めると、喉周辺がピリピリと痛みます。逆にコンディションが悪くない時になめてもこのピリピリ感は来ません。

そして喉がピリピリきた後も1つ舐め終わると、喉のコンディションが少し改善されています。かなり即効性もあるため風邪の初期症状の時などにもオススメです。

ただプロポリスが配合されていることで、匂いや味が少し特殊です。苦手な方もおられるかもしれません。でもこれでなどの症状が改善されるのであれば、私は全く問題ない程度です。

以前はインターネットや大きな百貨店でしか売っていませんでしたが、最近はドラッグストアでも置いてあるところが増えたので、チェックしてみてくださいね。

これは10袋入りでちょっと多めの量になりますが、小さいポーションでも売っているのでこちらのお店をチェックしてみてください♪

・プロポリスは喉のコンディションの不調に有効。

・プロポリスキャンディーはたくさんの種類がありますが、森川健康堂のキャンディーは強力!風邪のひき始めには効果絶大。

・森川健康堂のキャンディーはプロポリス成分の含有量が多いため、味も正直おいしくない&匂いも強い。苦手な方もみえるかも?まずはチャレンジ!

7. マヌカハニー

先程のプロポリスに続き、マヌカハニーもとても効果的です。いわゆる非加熱の蜂蜜になりますので、プロポリスキャンディーと同じような効果があります。

数値は高い方が効果が高いと言われていますが、初めてトライする方はあまり数値が大きいものだと苦く感じる方も見えるので、数値が小さいものから順番にトライしていかれると良いと思います。

また、数値の高いものでした非常に高額になりますので、きっちりとした販売店からご購入されることをお勧めします。こういった食べ比べのセットもよいですね。

マヌカハニーの数値に関する豆知識についてはこちらを参考にされると良いと思います。

https://kawashima-ya.jp/contents/?p=5804

8. 水分を頻繁に摂取する(10分に1回程度)

一旦口の中に入ったウイルスは、口腔内でどんどん増殖します。逆に、胃の中では胃酸により死滅してしまいます。頻繁に水分を摂取することで、口腔内の菌やウイルスを胃に流し込んでしまうということです。

単純に、水分補給をしっかりすること自体も、風邪対策にはよいですが、できれば一気に飲むのではなく、できるだけ細切れに複数回にわけて水分を摂取することが大切です。

9. お風呂にしっかり浸かる(手首、足首を温める)

お風呂にしっかり浸かって身体全体を温めることも大切です。特に冬は寒くて血の巡りも悪くなりやすいですから、声をしっかり出せるまでに時間がかかります。

身体全体を暖めることが難しければ、足だけでも温めると良いと思います。いわゆる足湯ですね。

服装も手首、足首をあまり冷やさない格好の方がよいと思います。って、私、普段の服装は冬はタートルとかですが、衣装はいつもノースリーブとかだな・・気をつけよう・・苦笑。

10. ネックウォーマー(首を温める)

手首、足首だけでなく、首元もしっかり保温しましょう。私は年中、就寝中は首にガーゼのタオルを巻いて寝ています。(ガーゼのタオルであれば夏も暑くないですよ)

クーラーをかけて寝る場合でも冷えなくてちょうどいいです。)冬はその上からネックウォーマーで重ねて暖かくして寝ます。首元を冷やすと、肩こりの原因にもなりますし、声のこわばりにもつながります。

外出時などは、ストールやスカーフなどで、首回りが直接外気に触れないようにするのも良いですね。

11. 鍼治療

これは効く方とそうでない方、好き嫌いなど分かれるかもしれないのですが、私は鍼治療がとてもよく効きます。

身体のコリをほぐし血流を良くすることで、喉周辺のこわばりを改善したり、体全体をリラックスすることができます。風邪の時に治療してもらうというよりも、日頃のメンテナンスとして通っています。

肩こりなどに悩んでおられる方は試してみるのも良いかもしれません。

12. できるだけ公共交通機関に乗らない。乗るときはドア付近に

これもお住いの地域にもよるので難しい方もみえると思いますが、私はここ何年も電車に乗っておりません。笑。移動は全て自家用車。

自分の車であれば、自分でお掃除をして清潔に保てますしね。

公共交通機関に乗る場合は、マスクを着用してできるだけ、他の方の咳からの飛沫感染を防ぎましょう。

13. 使い捨てカイロ

冬や体調がすぐれない時は使い捨てカイロを使い、身体を温めます。カイロを貼る場所がポイント!きっちりツボを刺激するような場所に貼ることで効果が出やすいです。

1)風門

読んで字のごとく“風邪が侵入する門”のことです。

「風門のツボ」は背中上部、両方の肩甲骨の間にあります。下を向いた時に首の裏に大きくでっぱる骨があり、その骨から背骨に向かって数えて下2つ目の突起の骨、ちょうど指で3本分くらい下のあたり。左右外側の指2本分ほど離れた位置が「風門のツボ」です。

「今日は寒いな…」と感じたら、そこに風邪予防にバシッとカイロを貼っておきましょう。肩や肩甲骨の血流も良くなり、カラダのこわばりも和らぐでしょう。実は、予防だけでなく風邪をひいた後にも効果的。風門のツボにカイロを貼って温めると早く治ります。

クラシエ ウェブサイトより

ぜひこちらをご参考にどうぞ。

・使い捨てカイロも使い方次第で喉を守ってくれます。

・「風門」のツボを押さえることで、身体のこわばりを解消できます。

14. 睡眠

いうまでもなく、睡眠は何よりも大事です!

睡眠時間をきちんと確保できないと免疫力も下がりますし、風邪もひきやすくなります。寝るときの環境を上記のように整えればバッチリ!できれば7時間以上寝たいと思っていますが、なかなか確保は大変ですね。

実は私は、部屋で加湿器はつけていません!笑

実は私は部屋で加湿器は使っていません。

以前に使っていたこともありましたが、部屋がカビっぽくなり、逆に健康に良くないなと思ったことがあり、それ以来、加湿器以外のケアで風邪の時期を乗り切っています。加湿器を使わなくても5年以上体調を崩していませんから大丈夫。

もちろん、現在は加湿器も高性能なものがたくさん出ていますので、そういったものを使われるのも良いと思いますが、湿度があまりにも高いと、それはそれで家具のうしろがカビてしまったりということもありますので、お気をつけくださいね。

ただ、ホテルに泊まる場合はホテルにある加湿器を使います。それはホテルは全館空調でかなり乾燥しているためです。

もし加湿器がない場合は浴室にお湯をためて湿気をしっかりと部屋全体に回らせるようにします。それ以外にも、バスタオルを濡らして干すのも良いですよね。

・加湿器は、喉に潤いを与えてくれる一方、カビの発生の可能性もあるので、気をつけて使いましょう。

・ホテルはとても乾燥しているので、お湯を貯めたりして湿度を確保しましょう。

風邪をひいてしまった!すぐに治したいときの対処方法

すぐに病院へ行こう!行き先は耳鼻科です!

風邪の初期症状の時は、市販薬で治せると思ってしまいいますが、初期症状の時こそすぐに病院にかかり、適切なお薬を処方してもらうことが回復への早道です。

診察でかかるのは内科ではなく耳鼻科が良いです。耳鼻科には吸入器などもありますので、その場で治療もしてもらえますし、ひどい場合は鼻や喉の様子をスコープで見てもらうことも可能です。

耳鼻科なら、のどと鼻を重点的に診てくれて、薬も細かい症状に合わせて処方してくれます。治るスピードが内科より圧倒的に早いです。

そして、風邪をひいてしまったら、それは休息を取りなさい!のサインです。無理をせず、しっかりと休養を取りましょう。

・風邪をひいてしまったら、それは休息を取りなさい!のサインです。

・お医者さんは内科よりも、耳鼻科の方がオススメ。

・蒸気吸入なども有効なので病院でやってもらうと、喉と鼻が楽になります。

まとめ

いかがでしたか??

今回は、歌手の私自身の「風邪予防方法」をご紹介しました!

え、こんなに細かくケアしているの?とびっくりされましたか?笑。私は仕事として音楽に向き合っていますので、これくらい細かい部分までケアをしています。

ご自身の生活にあったケア方法を見つけてみてくださいね。

Please follow and like us:
error